· 

背中ニキビを引き起こすNG習慣は

こんにちは。サロンドノムです。

 

背中ニキビは、皮脂腺の皮脂とアクネ菌との関係の乱れによってできてしまいます。

普段皮膚を弱酸性に保つ働きを持っているアクネ菌が、皮脂の分泌が増えてしまった結果、多く増殖してしまい、それによってニキビができてしまいます。

背中は汗をかきやすく肌が不潔になることも、ニキビを悪化させる原因も多くあります。

 

 

背中ニキビを引き起こす習慣とは?

 

1.背中をゴシゴシ洗う→洗い過ぎてしまう事で肌全体が乾燥してしまい、お肌が皮脂をどんどん出すようになってしまいます。やさしい石鹸などで力をいれずに洗ってね。

 

 

2.汗がついたままの下着や寝具→不衛生な状態のまま使用していると、菌が繁殖し背中ニキビを発生させます。

汗を吸った下着をそのまま着用していると、雑菌が繁殖し、背中や胸などに付着してニキビが発生しやすくなります。こまめに変えるだけでちがいます。

 

 

3.シャンプーやリンスなどの洗い残し→シャンプーやリンスの成分が背中に残ることで、背中ニキビが出来ることもあります。なるべくつかないように注意して洗う。体を洗う前に最初に洗髪をしましょう。

 

 

4.衣服の柔軟剤がきっかけに→柔軟剤は、とっても強い界面活性剤でできております。敏感肌の方は赤みやかゆみが出ます。背中ニキビを引き起こす場合もあるので、気になる方は使用を控えた方がいいです。

 

 

5.偏った食生活→お肌全体にも言えます。肌荒れの原因は中から改善が必須です。脂っこい食事や、スイーツなどの糖分は控える。

 

 

6.ストレスがたまる→ストレスがたまると、男性ホルモンの分泌が盛んになるため皮脂のバランスが崩れ、吹き出物や毛穴の詰まりなど、肌トラブルが起こります。

 

こんな感じで箇条書きすると注意点が多いような気がしますが、生活のちょっとした気遣いで背中ニキビをできにくい環境にすることができます。

それでも治らない。

改善しないという場合はサロンでハーブを入れに来てください。

一緒に改善を早めていきましょう

 

背中ニキビ サロンドノム