ニキビができたら美白ケアが必須なわけ

こんにちは!グリーンピール専門サロンnomセラピストりかです。

 

 

にきびでお悩みの30代のお客様

 

 

月1回のペースで、グリーンピール美白コース

メラホワイト1dayを受けられて2年がたちます。

 

 

 

ニキビの改善でメラホワイト美白コース??と思うでしょ。

 

 

 

こちらのお客様は、お忙しい方。

ホームケアはなしで、ハーブをいれたあとでもすぐにお化粧がしたいタイプ。

 

 

 

ということで、1dayコースのメラホワイトを受けられています。

もちろん、ニキビにはハーブどっさりの5daysがおすすめなのは言うまでもないのですが、

でもメラホワイトを月1で受けられているおかげで、ニキビ跡がないのです!!

 

 

グリーンピールを受ける前の2年前ににあった、頬から顎にかけてのにきびは目立たなくなりました^^

が、にきびが治まっても季節の変わり目、ホルモンバランスの崩れた時にはポツポツとにきびが顔を出します。

 

 

そのニキビがが長引けば長引くほど、ニキビが肌の深いところまで浸透してしまい、次は凸凹のクレーターニキビ跡になります。

 

 

☆ニキビをニキビ跡として残さないために絶対に欠かせないのが紫外線をカットすること

 

 

 

ニキビの炎症跡が色素沈着する場合があります。それはその部分にメラニン色素が発生することが原因の一つです。

 

メラニン色素は、紫外線を浴びると発生する「シミのもと」として有名だけれど、発生する原因は紫外線だけではないのです。

 

メラニン色素は、「体内に悪いものが入ってきたら、防御するために発生する」役割。

 

紫外線に対抗して発生するように、ニキビの炎症にも対抗して発生するということになります。

 

 

☆メラニン色素が発生してしまったらできるだけ早くに排出することが肝心。

 

 

そのような大切な時期に紫外線を浴びたら、さらにメラニン色素を発生させて、メラニン色素の排出を滞らせてしまう。

 

長時間メラニン色素が留まれば、その分、そのまま色素沈着してニキビ跡として残る可能性が高くなるということです↓

 

 

 

 

このお客様も頬からあごにかけてニキビがたくさんありましたが、メラホワイトをしているおかげで、ニキビ跡にはならず、30代ですがシミひとつないのです。

 

 

 

 

にきびができたら

同時に美白が必須

ってことですね☆

 

 

 

ホームブログトップ