日焼け止めクリームの選び方

こんにちは!グリーンピール専門サロンnomセラピストりかです。

 

 

「日焼け止めクリームってやっぱりSPFの数値が高い方が効果高いですよね~!?

 

とよくご質問されるお客様がいらっしゃいます。

 

 

「それは時と場合、によりますよ!

 

と、わたしはお答えしております。

 

 

 

いろんな日焼け止めクリームがあるので迷いますよね?

 

 

UVクリームには配合されている、紫外線をカットする成分が2つあります。

 

✔紫外線吸収剤

✔紫外線散乱剤

 

それぞれメリットとデメリットがあります。

 

 

肌にやさしいのは、散乱剤

よく「ノンケミカル処方」と書いてある日焼け止めがあるけれど、あれは、「紫外線吸収剤を使っていないですよ」という意味です。

吸収剤では、一部の人は肌荒れしたり乾燥したりすることがあります。

 

 

・吸収剤は、紫外線を吸収することで紫外線をカットするのに対して、

 

・散乱剤は、紫外線を跳ね返すことで紫外線をカットする。

一度、紫外線を吸収する吸収剤は、散乱剤と比較すれば、刺激が強いのです。

 

 

使用感は、吸収剤入りの方が使いやすいかな。

吸収剤は「無色透明の液体」、散乱剤は「白色の粉体」というちがいがあり、

ノンケミカル処方の日焼け止めは、真っ白になってしまったり、ダマになりやすかったり、使いにくいとおっしゃられる方が多いです。

 

 

 

じゃあどっちがおすすめなの?

 

紫外線吸収剤 入りで肌荒れや乾燥が起きない人や、レジャーやスポーツ時などは吸収剤入りの日焼け止めで紫外線を徹底的にカットして美白肌を目指すっていうのもありだと思います。

でも普段の生活では、肌に負担がかからない紫外線散乱剤入りの日焼け止めがおすすめです。ダメージが少ないので年中使える日焼け止めクリームはこちらの方になります。

だいたい、SPF30ぐらいまでの商品になります。

 

TPOにあわせて、使い分けしていただくのがおすすめです

 

 

 

 

ちなみに、

グリーンピールのホームケアで使用するシュラメック化粧品の日焼け止めクリームは、

紫外線散乱剤入りの方でお肌にとってもやさしいです。

アトピー肌や赤ちゃんのお肌にもお使いいただけるぐらいなので、全然乾燥もしません。

 

オプティマムストレスプロテクトクリーム SPF20

5.600円

 

乾燥肌の私にはお助けUVクリームですよ♡

 

 

ホームブログトップ