TOP症状別>酒さ・赤ら顔・酒さ様皮膚炎

 

酒さ・赤ら顔・酒さ様皮膚炎


酒さ(赤ら顔)とは

酒さとは、30代から60代の人に多くみられ、顔面に生じる原因不明の慢性炎症性皮膚疾患の名称です。

 

第Ⅰ度(紅斑性酒さ:こうはんしゅさ)

鼻、眉間、頬、あごなど顔面の中心に、ほてり感を伴う潮紅、毛細血管の拡張がみられる症状。

化粧品や石鹸などのわずかな刺激でも炎症を起こしやすく、毛細血管が拡張して、ヒリヒリ、ピリピリ火照ったようになって、皮膚が赤みを帯びてしまっている状態です。

いわゆる敏感肌と同じような感じでもあります。

 

第Ⅱ度(酒さ性ざ瘡:しゃさせいざそう)

第Ⅰ度(紅斑性酒さ)の症状に加えて、赤い丘疹や膿疱が多発する症状のこと。

 

第Ⅲ度(鼻瘤:びりゅう)

鼻や頬を中心に結合組織の増殖を伴って隆起し、腫瘤状を示す症状のこと。

また、「紅斑性酒さ」と「酒さ性ざ瘡」は女性に多く、「鼻瘤」は男性に多くみられます。

 


赤ら顔の原因

・もともとの皮膚の薄さで毛細血管が透けて見えてしまう
・乾燥肌や敏感肌による炎症→毛細血管が炎症で拡張してしまう
・皮脂が過剰分泌されてしまう→酒さや脂漏性皮膚炎

などが挙げられます。

一般的な治療方法としては、皮膚科で処方される薬(ステロイドを中心とした)を塗り、症状をコントロールする方法がとられます。ステロイド剤の塗布はコントロールが難しく、長期で使用し続けることで耐性ができたり、副作用として他の症状がでたりなど、かえって症状を悪化させてしまうケースが多いというのが現状です。


酒さ様皮膚炎とは

(ステロイド皮膚炎)

酒さ様皮膚炎は、慢性皮膚病などでステロイド軟膏を長期に渡り塗り続けた副作用として現れる事が多く、酒さと同じような皮膚症状から酒さ様皮膚炎と言われております。ステロイドの副作用が原因となるために、別名ステロイド皮膚炎などとも呼ばれることもあります。


サロンドノムでは

副作用の恐れのある薬剤などは一切使用いたしません。

ドイツシュラメック社のオリジナルハーブ(数種類の植物が原料)を、皮膚の毛穴から導入します。皮膚の内部入ったハーブの植物ホルモンが、リンパと血流の循環を促します。肌の細胞の隅々まで酸素と栄養素が行き渡ることで自然治癒力が高まり、不要な角質を内部から押し出し始めます。その結果、健康的で生き生きとした肌本来の状態へと導いていくことで肌のターンオーバーが調整されていきます。また、肌に必要なヒアルロン酸を産出し、乾燥しがちな肌がしっとりとプルプルした状態に変化していきます。このように、グリーンピールは植物が持つホルモンの力で、皮膚の深部から改善していく方法です。ザラザラしていたお肌は柔らかくなり、同時に色素沈着も薄くなり始めます。

「遺伝だからあきらめていた」

「何をやっても治らない」

「薬の長期使用で余計にひどくなっていく」

などとお悩みの方は、ぜひ当サロンのセラピストと一緒にグリーンピールというトリートメントで、根本から見直していきましょう。


酒さ・酒さ様皮膚炎について書いた過去のブログ

ネット予約はこちらから✉

 

当日のご予約も可能です。

お電話でお問い合わせ下さい。

クリックで発信できます!

📞078-262-1365

 

TOP症状別>酒さ・赤ら顔・酒さ様皮膚炎