酒さ・赤ら顔・酒さ様皮膚炎


酒さ(赤ら顔)とは

酒さとは、30代から60代の人に多くみられ、顔面に生じる原因不明の慢性炎症性皮膚疾患の名称です。

 

 

第Ⅰ度(紅斑性酒さ:こうはんしゅさ)

鼻、眉間、頬、あごなど顔面の中心に、ほてり感を伴う潮紅、毛細血管の拡張がみられる症状。

化粧品や石鹸などのわずかな刺激でも炎症を起こしやすく、毛細血管が拡張して、ヒリヒリ、ピリピリ火照ったようになって、皮膚が赤みを帯びてしまっている状態です。

いわゆる敏感肌と同じような感じでもあります。

 

 

第Ⅱ度(酒さ性ざ瘡:しゃさせいざそう)

第Ⅰ度(紅斑性酒さ)の症状に加えて、赤い丘疹や膿疱が多発する症状のこと。

 

 

第Ⅲ度(鼻瘤:びりゅう)

鼻や頬を中心に結合組織の増殖を伴って隆起し、腫瘤状を示す症状のこと。

また、「紅斑性酒さ」と「酒さ性ざ瘡」は女性に多く、「鼻瘤」は男性に多くみられます。

 

 

赤ら顔の原因

・もともとの皮膚の薄さで毛細血管が透けて見えてしまう
・乾燥肌や敏感肌による炎症→毛細血管が炎症で拡張してしまう
・皮脂が過剰分泌されてしまう→酒さや脂漏性皮膚炎

などが挙げられます。

一般的な治療方法として、皮膚科で処方される薬を塗り、症状を軽減させコントロールする治療法になります。

そのため、合わない薬を長期で使用し続けることにより、副作用が起こることが多いとも言われております。


酒さ様皮膚炎(ステロイド皮膚炎)とは

酒さ様皮膚炎は、慢性皮膚病などでステロイド軟膏を長期に渡り塗り続けた副作用として現れる事が多く、酒さと同じような皮膚症状から酒さ様皮膚炎と言われております。

またステロイドの副作用が原因となるために、別名ステロイド皮膚炎などとも呼ばれることもあります。


サロンドノムでは

シュラメック社オリジナルのオーガニックハーブを独自のリンパドレナージュ法で毛穴から導入していきます。

毛穴に入ったハーブが皮膚内にて植物ホルモンを出し、自然治癒力を高め、健康的なお肌へ導いていくお手伝いをします。

リンパと血流の流れが良くなることが、結果として赤みや炎症をおさえることにつながります。

そして、肌のターンオーバーを整えることで、いらない角質が中から押し出されます。

また、肌に必要なヒアルロン酸を再生しますので乾燥しがちなお肌を、しっとりプルプルに導いていきます。

このように、グリーンピールにはお悩みの改善につながる条件が揃っております。

「遺伝だからあきらめていた」

「何をやっても治らなかった」

「薬剤の長期使用でひどくなっていく」

詳しくは、当サロンの専門のセラピストにご相談下さい。

ネット予約はこちらから✉

 

当日の予約も可能です。

電話でのご予約はこちらから。

クリックで発信できます!

📞078-262-1365