お肌の気になるところ以外もきれいにしてくれる一石二鳥美容

こんにちは!グリーンピール専門サロンnomセラピストりかです。

 

 

 

ニキビ・ニキビ跡・シミしわ‥など

 

 

毎日いろんなお悩みでグリーンピールを受けに来られます。

 

 

 

グリーンピールはハーブをハンドテクニックによりリンパに沿って肌の奥底の真皮まで届かせて、その植物のチカラと自然治癒力で肌を改善していきます。

 

ということでハーブ導入前には必ずお顔のリンパドレナージュを行い、流れを良くしてます。

続きを読む

ニキビができたら美白ケアが必須なわけ

こんにちは!グリーンピール専門サロンnomセラピストりかです。

 

 

にきびでお悩みの30代のお客様

 

 

月1回のペースで、グリーンピール美白コース

メラホワイト1dayを受けられて2年がたちます。

 

 

続きを読む

日焼け止めクリームの選び方

こんにちは!グリーンピール専門サロンnomセラピストりかです。

 

 

「日焼け止めクリームってやっぱりSPFの数値が高い方が効果高いですよね~!?

 

とよくご質問されるお客様がいらっしゃいます。

 

 

「それは時と場合、によりますよ!

 

と、わたしはお答えしております。

 

 

 

いろんな日焼け止めクリームがあるので迷いますよね?

 

 

UVクリームには配合されている、紫外線をカットする成分が2つあります。

 

✔紫外線吸収剤

✔紫外線散乱剤

 

それぞれメリットとデメリットがあります。

 

 

肌にやさしいのは、散乱剤

よく「ノンケミカル処方」と書いてある日焼け止めがあるけれど、あれは、「紫外線吸収剤を使っていないですよ」という意味です。

吸収剤では、一部の人は肌荒れしたり乾燥したりすることがあります。

 

 

・吸収剤は、紫外線を吸収することで紫外線をカットするのに対して、

 

・散乱剤は、紫外線を跳ね返すことで紫外線をカットする。

一度、紫外線を吸収する吸収剤は、散乱剤と比較すれば、刺激が強いのです。

 

 

使用感は、吸収剤入りの方が使いやすいかな。

吸収剤は「無色透明の液体」、散乱剤は「白色の粉体」というちがいがあり、

ノンケミカル処方の日焼け止めは、真っ白になってしまったり、ダマになりやすかったり、使いにくいとおっしゃられる方が多いです。

 

 

 

じゃあどっちがおすすめなの?

 

紫外線吸収剤 入りで肌荒れや乾燥が起きない人や、レジャーやスポーツ時などは吸収剤入りの日焼け止めで紫外線を徹底的にカットして美白肌を目指すっていうのもありだと思います。

でも普段の生活では、肌に負担がかからない紫外線散乱剤入りの日焼け止めがおすすめです。ダメージが少ないので年中使える日焼け止めクリームはこちらの方になります。

だいたい、SPF30ぐらいまでの商品になります。

 

TPOにあわせて、使い分けしていただくのがおすすめです

 

 

 

 

ちなみに、

グリーンピールのホームケアで使用するシュラメック化粧品の日焼け止めクリームは、

紫外線散乱剤入りの方でお肌にとってもやさしいです。

アトピー肌や赤ちゃんのお肌にもお使いいただけるぐらいなので、全然乾燥もしません。

 

続きを読む

ボコボコ毛穴と黒ずんだ毛穴の改善

こんにちは!グリーンピール専門サロンnomセラピストりかです。

 

 

本日は、グリーンピール5daysを受けられたお客様の

 

 

驚きのビフォーアフター画像をお見せしたいと思います。

 

 

 

28歳 S様

お悩みは ニキビあと、毛穴の開き、黒ずみです

 

 

ハーブ最大量2.5gコース

5days

 

 

 

ハーブをお肌に入れることにより、真皮まで届いたハーブが植物ホルモンを出して

効果を発揮します。

お肌が自分の力で、減少したヒアルロン酸やエラスチンを作り出し、

いらない角質を押し出し(剥離)、落ち込んだ毛穴も押し出してふっくらさせます。

3日間かけて浸透し、その後お肌が再生へと向かっていきます。

5daysはハーブを入れてから5日間の間は、

洗顔しないで、シュラメックのホームケア化粧品でのケア期間になります。

 

 

 

ビフォー (ハーブ導入前)

続きを読む

目立つ毛穴の開きを改善

こんにちは!

グリーンピール専門サロンnomセラピストりかです。

 

 

 

ゴールデンウィークもあと少しですね。

 

いつも1dayを受けられている会員のお客様が、

この連休の間に3daysや5daysに挑戦されています。

結果が楽しみ!

あと少しの間ホームケアがんばってくださいね。

 

 

 

本日は、「開いた毛穴をなんとかしたい~」

という、20代のお客様がお越しくださいました。

 

 

 

開いた毛穴、毛穴の黒ずみのお悩みは

20代の方が多いです。

 

 

皮脂が盛んで、その皮脂を取り除こうとし、

ゴシゴシ洗顔→

そのあとの保湿を怠り→乾燥、

乾燥を防ごうとする肌が余計に皮脂を出してしまうってことにつながります。

 

 

 

毛穴の黒ずみは、古い角質のつまりです。

いくら洗顔しても、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)がスムーズでなければ

毛穴に皮脂が残り酸化し黒ずんでしまいます。

 

 

続きを読む